鹿原こるり十四歳 - 『英雄×勇者×救世主(AUQ)』ファンサイト -

2004年11月13日のプレイヤーメモ

 第五回アクション提出の際に締め切りを秒単位で遅刻してしまったことを含めて、第五回の結果を震えながら待っているプレイヤーです。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 私(プレイヤー)は今日から月曜日まで家を留守にするので、結果を見られるのは皆さんより後になりそうです……と思っていたら、どうやらBエリアリアクションは遅延するようなので、関係ないみたいです。あらら。

 基本的に、ジェスくんのPLさんとはあまりアクションのすり合わせをしない方針でプレイしているのですが、前回の引きがあんな感じでしたから、結果が出るまではソワソワしてしまいます。
 ジェスくん側のアクションがどうなっているのかとか、マスターはどう判定したのか、(そもそも秒単位の遅刻は許してもらえるのか)、そして最終的にこるりがどう振舞ったのかは、リアクションが返ってくるまではプレイヤーにも分からないスリリングな状態なので、イオスさんのPC紹介企画に呼ばれた時は、どんな精神状態のこるりを演じたらよいのかなあと悩んでしまいました。
 あ、良い経験にはなったと思っていますので、指名してくれたカノラさんには感謝しております。

 さて、リアクション公開前ということで駆け込みながら、オリエさんのところの冥王チャレンジ企画に挑戦してみます。
 今までの傾向からして、リアクションの最期には、(アクションの良し悪しはともかく)他のPCさんと絡ませにくかった方が配置されるような気がするので……赤の旅団の仲間と別れてアースに向かい、「うまくいったらうまくいったでどうしようもないことこの上無い」ことを企んでいるらしいディオニス・ラルディアさんが最後を飾ると予想してみますが、どうでしょうか? なお、アースの住人でなくてもRA3を選択できることは「マスターより」で明記されているので、ディオニスさんが「序文に続く冒頭でこんなことやっておしまい」ということはないと思いますよ。
 なお、私の予想では次回の序文はヴァルハラから始まって、最初に登場することを目指したアクションをかけたらしいアルベルト・シュタイナーさんを選ぶと、マイナス100冥王ポイントかなあと睨んでいます(最後に登場することも狙っておられるらしいので、前回アルベルトさんと死闘を演じたディオニスさんらとの共演もあるかなあと)。……あ、最下位を目指すつもりはないので、ファイナルアンサーはディオニスさんでお願いします。

- Back -

Copyright © 2004 "Koruri Kanohara", All Rights Reserved.
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット